うぃろう「未来小説 パンドラの棚」

ヒット出版社から雑誌「COMIC阿吽 4月号」が秋葉原などの一部の書店で発売になった(正式発売日は2月28日)。

「COMIC阿吽 4月号」は表紙に深崎暮人、ピンナップがいぬぶろ、じじ、巻頭カラーにはひょころー、巻中カラーにうぃろう、モノクロ漫画は焼肉キング、高岡基文、岡田コウ、魔訶不思議、流一本、出縞臣、藤渕タカヒサ、オガタガタロー、井上よしひさ、KEN、堺はまち、杜拓哉、たろプン、伊佐美・F・ノゾミ、水鏡想、はらざきたくま、雨部ヨシキ、ドバト、あべもりおか、おおとりりゅうじの22編を収録。

巻中カラーのうぃろう「未来小説 パンドラの棚」はアオリ文が『なぞってはいけない未来がある―』になっていて、既に亡くなった母と、なかなか家に帰らない父の元、おもに二人で生活している姉と弟を描いた作品。ある日姉は、父の部屋の中で自分がモデルの、自分と弟がエッチする内容の官能小説を発見する。姉は当初小説に気持ち悪いという印象を持つものの、徐々に弟を意識するようになり始めてしまい――なストーリーで、連作のシリーズ第一弾とのこと。

ほか、ひょころーの多分"かくしデレ"の続きで強気の女の子がバスの中で男に弄られ我慢できなくなり公衆トイレの個室でエッチする巻頭カラー「デレ隠し」、焼肉キングのイ○ポな主人公の元に未来から主人公の娘がやってきて、今から一週間以内に主人公の嫁となる人とエッチして中出ししないと未来が変わり娘が消えてしまうと知らされる「ミライから来ました!」前編、井上よしひさの絶叫マシン好きの女の子が寂れた遊園地のジェットコースターでベルトでガチガチに拘束されて侵されながらライドする「絶☆叫ジェットコーフクー」など。

また、次号予告によると井上よしひさ、ひょころー、たかのゆき、田倉まひろ、結城焔、焼肉キング、杜拓哉、ハッチ、昭島しゅん、桃色卍流、魔訶不思議、あきやまけんた、流一本、伊佐美ノゾミA、唐辛子ひでゆ、zummy、高岡基文、オガタガタロー、KENなどの掲載が予定されている。

ヒット出版社
「COMIC阿吽」雑誌情報
うぃろうのブログ / pixiv

20:00
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote