雑誌「コミック真激 9月号」が秋葉原などの一部の書店で発売になった(正式発売日は7月24日)。


表紙が太平天国、モノクロ漫画に紫みねみ、板場広し、NABURU、BOSS珍、ハルサワ、堀博昭、天乃一水、hal、田中あじ、坂崎ふれでぃ、アガタ、骨太男爵の12編を収録(収録作リストは後述)。

紫みねみ「人妻たちの宴」

コミック真激 9月号」」掲載作品は、 真面目に夫に尽くしていたが、夫の態度や日々の生活に不満を感じるようになった人妻さんが、近所の奥さんに誘われた親睦会で、若い少年たちを相手にした気分転換の乱交に参加する 「人妻たちの宴」(紫みねみ)、 不良に恐喝されていた所を女の子に助けられたオタクの主人公が、それ以降彼女と仲良くなっていくが、仕返しにやってきた不良たちに彼女をレ○プされたことをきっかけに彼女の過去を知る 「愛虐の唄」(NABURU)、 オタクの妹と兄とのエッチを描いたシリーズで、台所で裸エプロンでエッチしていたり、淫魔コスプレで種付けする 「続・兄上がケダモノすぎて迷惑すぎる」(天乃一水)

ほか、 先輩に付いて小説家の元を訪れた新人の出版編集の女の子が、小説家の秘密のネタ帳をみてしまったことから、緊縛調教モノの小説のモデルにされる 「緊縛愛」(hal)、 懸賞で月旅行を当てて新婚旅行に出かけた夫婦が、宇宙船内で行われていた乱交に巻き込まれ、無重力下でエッチする 「宇宙、月行、×××ツアー」(坂崎ふれでぃ)、 母親同士が対抗意識を燃やす二組の母子が、息子自慢をエスカレートさせて、それぞれの息子のチンコ自慢を始める 「息子自慢」(アガタ)など。

  
  

また、次号予告によるとdoumou、じゃこうねずみ、板場広し、吉村竜巻、たくわん、山崎かな、ブラザーピエロ、マスタングR、天乃一水、NABURU、沢田大介、秋月伊槻、橋田鎮(表紙)などの掲載が予定されている。

《「コミック真激 9月号」」掲載作品》
・紫みねみ「人妻たちの宴」
・板場広し「変態兄キと妹玩具」中編
・NABURU「愛虐の唄」
・BOSS珍「たのしい ほイグえん」
・ハルサワ「夜が明けない。」2話
・堀博昭「家族迷宮」9話
・天乃一水「続・兄上がケダモノすぎて迷惑すぎる」
・hal「緊縛愛」
・田中あじ「姉アンスイート彌平木日和」3話
・坂崎ふれでぃ「宇宙、月行、×××ツアー」
・アガタ「息子自慢」
・骨太男爵「ママロボット」

クロエ出版
コミック真激雑誌情報

《「コミック真激」関連記事》
「コミック真激」発売記事
16:58
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote