雑誌『ビタマン 3月号』が1月29日に発売になった。

「ビタマン 3月号」

表紙が朝森瑞季、巻頭カラーに久遠ミチヨシ、モノクロ漫画は東タイラ、ぽんこつわーくす、小林拓己、藤坂空樹、宮原歩、かるま龍狼、志峨丘トウキ、友美イチロウ、沢田ふろぺの10編を収録(収録作リストは後述)。

久遠ミチヨシ「雪の果て」

『ビタマン 3月号』巻頭カラーの久遠ミチヨシ「雪の果て」はアオリ文が『待望の読み切り新シリーズ始動!!かつて憧れた彼女が堕ちて――』、『今度の久遠は黒くて痛い。隔月掲載で放つ劇薬読み切りシリーズ開幕!』になっていて、郵便局で働く主人公と、主人公が学生時代に憧れていた部活のマネージャーだった先輩さんを描いた作品で、友人から、先輩さんが交際相手の男の作った借金のカタに、金を貸した人間に抱かれているという噂を聞いた主人公が、彼女と再会してるストーリー。

ほか、メーカー出向が決まったSEの主人公が、憧れていた同僚のSEのお姉さんに選別をもらう 「夜のオフィスでふたりきり」(東タイラ)、 身体がチョコでできているチョコ男の主人公が、バレンタインに玉砕した女の子に身体をなめられる 「かかおす」(かるま龍狼)、 学校の教授と肉体関係を持つ社長令嬢のお嬢様が、帰宅してからも教授との行為を思い出し、家族にバレないよう自分を慰める 「余熱」(志峨丘トウキ)など。

  
  

また、次号予告によると和馬村政、宮原歩、藤坂空樹、ぽんこつわーくす、沢田ふろぺ、友美イチロウ、かるま龍狼、花門初海、しんば鷹史、東タイラ、ツカモトシュウジの掲載が予定されている。

《「ビタマン 3月号」掲載作品》
・久遠ミチヨシ「雪の果て」
・東タイラ「夜のオフィスでふたりきり」
・ぽんこつわーくす「お嬢様は逃げ出した」15話
・小林拓己「ヴァージンな関係R」30話
・藤坂空樹「コイカノ×アイカノ」5話
・宮原歩「この会社はおかしすぎる!?」8話
・かるま龍狼「かかおす」
・志峨丘トウキ「余熱」
・友美イチロウ「おいしい三姉妹」6話
・沢田ふろぺ「共同生活のススメ」4話

竹書房
「ビタマン」雑誌情報

《「ビタマン」関連記事》
「ビタマン」発売記事
16:49
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote