雑誌『漫画ばんがいち 2月号』が秋葉原などの一部の書店で発売になった(正式発売日は12月17日)。

「漫画ばんがいち 2月号」

表紙は黒岩瑪瑙、巻頭カラーにアガタ、モノクロ漫画は高句タビー、船堀斉晃、Rico、高崎たけまる、七宮つぐ実、巴天舞、たかねのはな、小夏れみ、チョココロネット、榎本ハイツ、六堂真稀、山文京伝、河合二葉、桃之助の15編を収録(収録作リストは後述)。

アガタ「メイド×4~坊ちゃま、性教育の時間です~」最終話

『漫画ばんがいち 12月号』巻頭カラーの、アガタ「メイド×4~坊ちゃま、性教育の時間です~」最終話は、アオリ文が『ハーレムハーレムゥ♥』、『背負え!当主の名!!』になっていて、財閥の次期当主である主人公が父の教えにより、メイド4人から性の英才教育を受けるハーレムモノのシリーズで、掲載の最終話では当主を襲名した主人公が、父から花嫁候補のリストの中から嫁を選ぶように迫られてるストーリー。

ほか、トイレに現れる幽霊の調査にやってきた新聞部の主人公が、現れた女の子に幽霊に金縛りにされ犬にされる「トイレの花子さん(18)」(高崎たけまる)、学校の卒業を控えた主人公が図書室受付の女の子と知り合いになるも、彼女は卒業後に親に決められた相手と結婚することを告げられる「サクラノトキ」(七宮つぐ実)、同性の女の子に告白した処女の女の子が、告白された女の子の考えにより、男性教師を相手に処女喪失することになってしまう「はつこい」(巴天舞)、エッチに不慣れでマグロ状態の彼女さんにもっと感じて欲しいと考えた主人公が、彼女主導で愛撫を受ける「そんな君だから」(六堂真稀)、陸上をしている女の子に頼まれ送迎をしている主人公が、彼女のおっぱいを見てしまったことを切っ掛けに男女の関係になる「素直になれたら」(桃之助)など。

  
  

《「漫画ばんがいち 2月号」掲載作品》
・アガタ「メイド×4~坊ちゃま、性教育の時間です~」最終話
・高句タビー「となりのお姉さん」
・船堀斉晃「秘密にしてね♥」7話
・Rico「エッチなマンガは好きですか?」3話
・高崎たけまる「トイレの花子さん(18)」
・七宮つぐ実「サクラノトキ」
・巴天舞「はつこい」
・たかねのはな「りば~す!」4話
・小夏れみ「微笑みの楽園」
・チョココロネット「クリスマス マリッジリング」
・榎本ハイツ「あいとかね。」2話
・六堂真稀「そんな君だから」
・山文京伝「マゾメス」14話
・河合二葉「鰯の鱗」2話
・桃之助「素直になれたら」

コアマガジン
漫画ばんがいち

《「漫画ばんがいち」関連記事》
「漫画ばんがいち」発売記事
14:34
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote