石紙一の一般向け単行本「午後の人妻」がエンジェル出版から10月3日に発売する。


内容はピザッツスペシャル、アクションピザッツDXに掲載された「1話 夏の縁側」、「2話 お隣さん」、「3話 起きたら理想の朝だった」、「4話 この尻に顔を埋めて寝てみたい」、「5話 ひとみの午後10時」、「6話 遅番が見てた」、「7話 年下妻の好きなモノ」、「8話 知代さんがイイ」、「9話 毎日しなきゃネ!1」、「10話 毎日しなきゃネ!2」が収録されている模様で、雑誌掲載時は単発の短編だった人妻がテーマのオムニバス形式のシリーズ。

Amazon.co.jpの内容紹介は『若奥様は昼下がりに発情する!!』、『キレイなお顔をしていても、旦那様に開発されつくしたカラダの方はとっても欲張りさん。家事が一段落して暇な時間が出来るとついついエッチなことばかり考えてしまうんです…。キュートな人妻を描かせたら天下一品の著者が贈る初短編集!! 』になっている。


「午後の人妻」収録予定作品は、浮気相手の男が同室にいる状態で、海外出張?中の旦那とパソコンで映像通話をし、自慰をしてみせる人妻を描いた「5話 ひとみの午後10時」、バイトに普段の出勤時間より早くやってきた遅番の主人公が、更衣室で店長とパートさんとのエッチを見てしまったことから覗きの連鎖に巻き込まれる「6話 遅番が見てた」、18歳年下の新婚の嫁と、中年サラリーマンの主人公を描いた作品で、エッチが好きな嫁に裸エプロンでお出迎えされ玄関先でエッチを始める「7話 年下妻の好きなモノ」、十歳年上の嫁を持つ男の、入浴時のエッチを描いた「8話 知代さんがイイ」など。

  
  

エンジェル出版
起きたら理想の朝だった - DMM.R18
21:02
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote